イーサリアムクラシック、60億円のコストで51%攻撃を仕掛け1094億円の利益が得られる?

仮想通貨の重要情報をLINE@にて配信中!登録はこちら

FECAP大学(サンパウロ)のフサム・アブド氏は、イーサリアム・クラシック(ETC)を例に用い、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)アルゴリズムを利用した仮想通貨ネットワークの脆弱性を新しい研究で試算。

その結果、10億ドル(約1094億円)の利益を上げるのに必要な費用はわずか5500万ドル(約60億円)であるとの試算結果を公表。

下記QRコードをLINEのお友達登録画面で読み取ってください
スマホで見ている場合はココをクリック!