ビットメイン社がBTCネットワークハッシュレート51%に接近

仮想通貨の重要情報をLINE@にて配信中!登録はこちら

仮想通貨業界で大きな影響力を持つ、Bitmain (ビットメイン) 社が、直近1週間の統計で、ビットコインネットワークハッシュレートの42%以上を占めるに至りました。また、BCH (ビットコインキャッシュ) のマイニングに使われている同社のハッシュパワー全てをBTCマイニングに転用したと仮定すると、ビットメイン社がコントロールできるBTCネットワークハッシュレートは45%になり、ビットコイン台帳の不変性を脅かす51%の単独所有が目前に迫ることになります。

小規模なマイニングプールの淘汰が進んだり、市場への新規参入者が現れないなどの理由により、ますます、Bitmain 社による市場の独占が進むといった状況が考えらるということです。


 

下記QRコードをLINEのお友達登録画面で読み取ってください
スマホで見ている場合はココをクリック!

注意!ビットフライヤー(BitFlyer)を装う偽Twitterアカウントが登場しています

仮想通貨の重要情報をLINE@にて配信中!登録はこちら

マネーロンダリング対策などの内部の管理体制が不十分だとして、金融庁から本日に業務改善命令を受けたビットフライヤーですが、このビットフライヤーを装う偽Twitterアカウントが登場しているようです。

仮想通貨投資をしている日本人にとっては超有名企業ですので、同社の偽Twitterアカウントの登場で被害者が出ないことを祈ります。くれぐれもETHを送信しないよう注意!
お知り合いの方にも教えてあげてください。


 

 

 

下記QRコードをLINEのお友達登録画面で読み取ってください
スマホで見ている場合はココをクリック!

ビットコインなどの仮想通貨のハッキング手口とその対策

仮想通貨の重要情報をLINE@にて配信中!登録はこちら

コインチェック や bithumb などハッキングによる仮想通貨の消失被害が後を絶ちませんが、取引所以外でもハッキングの脅威はあります。仮想通貨の場合、ウォレットによる保管はすべて自己責任ですので、個人でもできるハッキング対策を意識することも大切ですね。

特に意識すべきこと
・公共無線LANからログイン情報が漏洩する危険性
・脆弱性があるウォレットを使用しない
Twitterの仮想通貨のプレゼント企画の中には悪意のある場合も

下記QRコードをLINEのお友達登録画面で読み取ってください
スマホで見ている場合はココをクリック!