人民元の仮想通貨取引シェア1%まで縮小

仮想通貨の重要情報をLINE@にて配信中!登録はこちら

中国人民銀行は、人民元でのビットコイン(BTC)取引が全体の取引量の1%以下にまで低下したことを発表しました。

昨年の9月に仮想通貨取引やICOの全面禁止措置を打ち出したことによる影響とみられていますが、仮想通貨の技術自体がこれからの国際社会・国際経済にとって不可欠な技術である以上、どこかのタイミングでは中国マネーが再度仮想通貨に流れ込んで来ることが予想できるわけですので、中国の動向には常にアンテナを張っておきたいですね。

下記QRコードをLINEのお友達登録画面で読み取ってください
スマホで見ている場合はココをクリック!